コインチェックとは?登録方法や使い方などを徹底解説

仮想通貨
この記事で分かること
  • コインチェックの概要
  • アカウント登録の方法
  • コインチェックの使い方

この記事では仮想通貨取引所であるコインチェックの概要や登録方法などを徹底解説していきます。

NFTを購入する際にも必要なので、これからNFTを購入したい人は是非チェックしてください。

この記事を書いた人
アバター画像

cHasWebのWebサイト運用を担当しているチームです。
インフルエンサーやクリエイターをWebサイトの面からサポートしております。
WEB3.0で必須の仮想通貨やNFTの情報を分かりやすく解説しているので参考にしてください。

cHasWeb事務局をフォローする

コインチェックとは?概要を徹底解説

コインチェックとは、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などを日本円で売買できる仮想通貨(暗号資産)取引所のことです。

基本的な会社情報は下表の通りであり、国内の仮想通貨取引所アプリでは3年連続ダウンロード数1位を記録しています。

会社名コインチェック株式会社(英語表記:Coincheck, Inc.)
住所〒150-0044 東京都渋谷区円山町3-6 E・スペースタワー12F
設立2012年8月28日
従業員数168名 (2019年3月末時点)
資本金107百万円
代表取締役蓮尾聡
暗号資産交換業登録関東財務局長 第00014号
加入協会一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
一般社団法人 日本ブロックチェーン協会
一般社団法人 日本暗号資産ビジネス協会
一般社団法人 FinTech協会
特定非営利活動法人 日本ネットワークセキュリティ協会

既にアプリダウンロード数は520万を超えており、無料で使える純国産の仮想通貨取引所なので、年々利用者が増加しています。

出典元:コインチェック

そのため、これから仮想通貨やNFTを始めたい初心者へ最もオススメの仮想通貨取引所です。

仮想通貨取引所「コインチェック」の特徴

ここからは仮想通貨取引所であるコインチェックの特徴について徹底解説していきます。

特徴1:使いやすいインターフェース

コインチェック仮想通貨初心者向けに設計されており、他の仮想通貨取引所よりもシンプルで、使いやすいインターフェイスをしています。

これによって初心者でも仮想通貨の売買が簡単であり、NFTのために仮想通貨を購入したい人にもオススメの取引所です。

念の為、詳しい使い方は記事後半で解説しますが、直感的に使えるインターフェイスなので、解説を読まなくても分かる人は多いです。

特徴2:仮想通貨の種類が豊富

コインチェックではビットコインやイーサリアムなどの有名な仮想通貨だけでなく、リップルやネムなどの日本ではあまり知名度が高くない通貨も扱っています。

全部で17種類の仮想通貨を扱っており、これは国内でも最大クラスの取り扱い数になります。

コインチェックの取り扱い仮想通貨の一部
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ポルカドット(DOT)

知名度が高くない仮想通貨は一気に値上がりすることも多く、仮想通貨の玄人たちからは一定の人気を集めています。

NFT目的の場合はイーサリアム(ETH)を購入することになりますが、値上がり目的であれば他のマイナーな仮想通貨を購入しても良いでしょう。

特徴3:ハッキング対策が万全

コインチェックはハッキング対策にも力を入れており、顧客の資産を守るために色々な対策を実地しています。

コインチェックのハッキング対策
  • アカウントの二段階認証
  • 不正ユーザーのIPアドレス制限
  • コールドウォレットの導入

特に「コールドウォレットの導入」では、顧客の資産をインターネットから物理的に遮断することで絶対にハッキングができない状態になっています。

そのため、仮想通貨を自身で管理するよりもコインチェックへ預けておいた方が安全性は高く、ハッキングによる被害も防ぎやすいです。

仮想通貨初心者であれば自身で安全に管理することが非常に難しいので、コインチェック上での仮想通貨売買をオススメします。

コインチェックへアカウント登録する手順

ここからはコインチェックへアカウント登録する方法を、画像付きで徹底解説していきます。

登録方法は公式サイトとアプリで同じなので、事前に公式サイトを開くか、アプリのダウンロードをお願いします。

手順1:メールアドレスとパスワードを登録

まずはCoincheck公式サイトかアプリを開き、「口座開設(無料)はこちら」ボタンをクリックします。

コインチェックの会員登録画面が開かれるので、メールアドレスとパスワードを入力します。

メールアドレスはパスワード変更や2段階認証で再度利用するため、捨てメールはオススメしません。
必ず、ご自身で確認できるメールアドレスを登録しておきましょう。

入力したメールアドレス宛にコインチェックから確認メールが届くので、記載されたURLをクリックすれば会員登録が完了します。

ただし、この段階では本人確認が終わっていないので、仮想通貨を購入することはできません。

そこで、電話番号を使った本人確認を行なっていきます。

手順2:電話番号認証

次に電話番号認証を行うので、アプリを起動した後に「本人確認」ボタンをクリックし、電話番号を登録します。

入力した電話番号宛にSMSが届くので、届いたコインチェックの認証コードを入力すれば、電話番号認証も完了です。

これでコインチェックの本人確認が完了したので、自身の基本的な情報を入力していきます。

手順3:基本情報の入力

次に、銀行振込時などに必要となる基本情報を入力していきます。(基本情報は、ご自身以外に公開されません)

コインチェックのアカウント登録で必要な入力事項は下記なので、適した内容を登録してください。

必要な入力情報
  • 基本情報:氏名やカナ
  • 移住情報:郵便番号や住居名
  • 職業:職種や学生など

偽りの氏名や住所を入力すると、コインチェックへ入金できないので、仮想通貨を購入できません。
トラブルを防ぐため、必ずご自身の正しい基本情報を入力してください。

手順4:本人確認書類の提出

最後に、本人確認を行うための下記4種類のデータをコインチェックへアップロードします。

必要な本人確認書類
  • 本人確認書類の表面
  • 本人確認書類の裏面
  • 顔と本人確認書類の表面
  • 顔と本人確認書類の厚み

本人確認書類の提出が完了したら、コインチェックにてアカウントの仮想通貨口座開設に関する審査が行われます。

審査には数日間かかりますが、口座開設審査に合格すれば、コインチェックで仮想通貨を購入できるようになります。

【使い方】コインチェックで仮想通貨を買う方法

ここからはコインチェックで仮想通貨を購入する方法を画像付きで解説します。

買い方1:自身のアカウントへ入金

コインチェックのアカウント登録が完了すると、コインチェック内にご自身のウォレットが作成されています。

ウォレットは仮想通貨用のデジタル財布であり、日本円を入金する時は「JPY(日本円)」をタップします。

日本円の残高表示画面が開くので、日本円をコインチェックへ入金したい場合は「入金」をタップします。

下画像のように入金方法を選ぶ画面が表示されるので、ご自身に合った入金方法を選んでください。

入金方法を選ぶと、各方法でやり方が解説されているので、そちらを参考にしてください。

「銀行入金」では、あなた自身のコインチェック専用銀行口座が用意されています。
自身が持つ銀行口座と同様に扱えるため、定期的に入金する際はオススメです。

買い方2:仮想通貨を購入する

日本円を自身のコインチェックウォレットへ入金したら、「販売所」から購入したい仮想通貨をタップします。

今回は最終的に「OpenSeaでNFTを購入する」を目標にしているので、NFTの売買で必要なイーサリアム(ETH)をタップします。

すると下画像のように現在の価格と「売却」「購入」が表示されているので、「購入」をタップします。

イーサリアム(ETH)の購入画面が開くので、購入したい金額を日本円で入力し、「日本円でETHを購入」をタップします。

購入の確認画面が表示されるので、そのまま「購入する」をタップすれば仮想通貨の購入は完了です。

仮想通貨の価格は毎秒変化しているので、NFT用の場合は少し余裕を持った金額で購入すると良いでしょう。

コインチェックからMetaMaskへ送金する方法

ここからはNFTを購入したい人向けに、コインチェックからMetaMaskへ送金する方法を解説します。

送金する際はMetaMaskのアカウントが必要になるので、まだ持っていない場合は下記事を参考にしてください。

手順1:MetaMaskのアドレスコピー

コインチェックから送金するためにMetaMakへログインし、MetaMaskのウォレットアドレスをクリックしてコピーします。(下画像の赤丸部分)

MetaMaskのウォレットアドレスは手入力でも送金できますが、間違えると送金に失敗します。
そのため、、ウォレットアドレスをコピーする方法がオススメです。

手順2:MetaMakアドレスを登録

MetaMaskのウォレットアドレスをコピーした後、コインチェックを開き、「ウォレット」から送金したい仮想通貨をタップします。

今回は最終的に「OpenSeaでNFTを買う」が目的なので、イーサリアム(ETH)をタップします。

イーサリアムの残高を示す画面が開くので、「送金」をタップします。

イーサリアム(ETH)を送金する画面が表示されるので、まずはMetaMaskのウォレットを登録するために「追加/編集」をタップします。

下画像のポップアップが表示されるので、「イーサリアム(ETH)」が選択されていることを確認し、「新規追加」をタップします。

下画像のページが開くので、各項目を入力していきます。

  • 通貨:送金したい仮想通貨を選択。今回はイーサリアム(ETH)
  • 宛名:送金先の名前を入力。自身が分かれば自由な記入もOK
  • アドレス:送金先のウォレットアドレスを入力。今回はMetaMaskのウォレットアドレスをペーストする
  • サービス名:送金先のサービス名を選択する。国外サービスは「その他」を選び、手入力する
  • 受取人種別:送金を受け取る人物を入力する。今回は「本人への送金」を選択

各項目の入力が完了したら、「SMSを送信」をクリックし、SMSの認証コードを入力します。

最後に「追加」をクリックすれば、コインチェックへMetaMaskのウォレットアドレスを送金先として登録することができます。

手順3:コインチェックから送金

MetaMaskのウォレットアドレス登録後、コインチェックからMetaMaskへ送金する際は下記の手順で行います。

  1. 「送金する通貨」で「Etherum」を選ぶ
  2. 「宛先」で先ほど追加した「MetaMask」を選ぶ
  3. 「送金先サービス名」では「その他」を選ぶ
  4. 「具体的な送金サービス名」で「個人ウォレット」を入力する
  5. 「受取人種別」は「本人への送金」を選ぶ
  6. 「送金額」には送金したい金額を入力
  7. 以上が終わったら「次へ」をクリックする

上記が終わったら申請内容の確認画面になるので、「2段階認証コードを入力」「チェックの追加」を行い、「申込み内容を確定する」をクリックします。

2〜5分ほど待つと、MetaMaskへイーサリアム(ETH)が送金されているので、確認してください。

以上でコインチェックからMetaMaskへ送金する方法は完了です。

タイトルとURLをコピーしました